ホームページ作成

Google Chromeのセキュリティ警告「保護されていません」の表示

Googleがホームページを表示するときに、そのホームページが安全かどうかを表示するようになります。

「保護されていません」の表示

2018年7月以降のChrome68からは、「http://」で始まるすべてのWebサイトで、警告が表示されるようになります。
これは、他のブラウザ、IEやFirefox 、Microsoft Edge でも表示されるようになります。

今のところ、表示が出るだけで、HPの閲覧には、心配ないのですが、
SSL化してないと,あなたのサイト(HP)も表示されちゃいます。

表示には次の3種類があります。

 

 

Google Chrome セキュリティ強化

セキュリティの対策するには
サイト(HP)をSSL化(Secure Sockets Layer)にする必要があります。

SSL化されたサイトは

ドメインが http:// から https:// になります。 「s」が付きます。

 

以前はドメインをSSL化するには、有料でかなり高かったのですが

最近はHPのレンタルサーバー会社が 無料のSSL化サービスを提供してきていますので

お問合せしてみてください。

SSL化する方法もレンタルサーバー会社が情報を提供しています。

 

SSLについて Googleヘルプ

-ホームページ作成